トップページ   >  プログラム紹介

プログラム紹介

目的・概要

名古屋大学国際環境人材育成プログラムは、アジア・アフリカ諸国をはじめ世界が直面する環境問題の解決に向け、国際的視野に立って総合的に問題を把握・分析し、問題解決のための具体的な方法を提案できる環境人材を育成することを目的とした教育プログラムです。本学環境学研究科都市環境学専攻の博士課程前期課程・後期課程および工学研究科社会基盤工学専攻の博士課程前期課程に学生を受け入れ、生命農学研究科や国際開発研究科をはじめ学内組織と連携して人材育成を進めます。
本プログラムは、以下の業務に取り組んでいきます。

  • 国際環境人材育成事業のシステム化
    (英語での教材、教育マニュアルの開発・整備、外部組織との連携・協力、体制づくりなど)
  • 学生のサポート(受入れ、在学中支援、進路相談)
  • 修了学生のフォローアップおよびネットワーク化
  • 環境人材ニーズ調査・発掘
  • プログラムの全体的な運営・渉外(国内・海外)

国際環境人材とは

国際環境リーダーとは、どのような人のことを指すのでしょうか。そして国際環境リーダーになるためには、どのような知識や技術を身につければよいのでしょうか。
NUGELPでは、そのことを考えるための手がかりとして、2009年4月に入学したプログラム第1期生向けのガイダンス資料に「Who are Global Environmental Leaders?」という小文を掲載しています。
このテーマに関するご意見やご感想がありましたら、是非お寄せください。
Who are Global Environmental Leaders? ( PDF, 556KB )

ユニークな教育プログラム

このプログラムへの参加者に対しては、以下のような特別な教育プログラムを用意します。

  • 地球環境問題や持続可能な開発問題を対象に事象の理解、対策技術の理解・修得、制度設計・政策運営の能力獲得のための教育を英語で実施します。
  • 地域の企業、NGO、海外の大学、国際機関などの協力を得て、企業での研修や国際インターンシップへの参加を奨励します。これにより学生は、講義による知識の吸収のみならず、現場体験にもとづく実践的ノウハウも修得できます。
  • 留学生と日本人が相互に啓発しあいながら共に学びます。これにより、国際的コミュニケーション能力を向上させることができます。英語スキル向上のためのプログラムも用意します。
  • プログラム修了生には、通常の修士学位のほかに、プログラム修了証書(certificate)が授与されます。
  • さらに高度なキャリア形成をめざす学生は、博士課程後期課程に進学することもできます。

対象学生

本プログラムの対象は、環境学研究科都市環境学専攻の博士課程前期課程・後期課程および工学研究科社会基盤工学専攻の博士課程前期課程に入学する留学生および日本人学生です。以下のような環境人材の育成を目指しています。

  • アジア・アフリカ地域出身で、修了後、母国を含む世界各地において環境リーダーとして活躍する人材(留学生)
  • アジア・アフリカ地域をはじめ世界を舞台に国際環境協力活動を担う人材(日本人)
このページの先頭へ戻る
Copyright © NUGELP All Rights Reserved.