トップページ   >  メッセージ

メッセージ

名古屋大学総長メッセージ

「 名古屋発、国際的な環境人材育成プログラム 」

名古屋大学総長 名古屋大学総長
松尾清一

名古屋大学は、「研究と教育の創造的な活動を通じて、世界屈指の知の創成と将来を担う勇気ある知識人を育成することによって社会に貢献する」ことを使命として、「ことつくり」(卓越した研究成果)を通した「ひとつくり」(勇気ある知識人の養成)に取り組んでいます。
近年、「持続可能な社会」の実現のため、環境問題への対策がますます重要な課題となってきています。このような世界の動きの中で、大学は、問題解決に必要な科学的知見や技術を提供するとともに、長期的かつ明確なビジョンのもとに高度な知識と実践力を持つ人材を育成し、その活動を支援する大きな責務を担っているものと考えます。
名古屋大学では、以上のような課題認識から、世界で必要とされている環境人材の育成に取り組んでいくために「名古屋大学国際環境人材育成プログラム」を立ち上げました。
本プログラムは、中部地域の自治体、企業、市民組織、国際機関をはじめとする諸関係機関の全面的なご協力を得て推進する地域密着型の国際教育プログラムです。名古屋発の国際的な環境人材育成の確立に向けて、大学として全学体制で取り組んでいく所存です。

名古屋大学国際環境育成プログラム・リーダーメッセージ

「 世界で活躍する環境問題解決リーダーを育てます 」

森川高行 教授 名古屋大学環境学研究科
教授 谷川 寛樹

大気汚染、水質汚濁、廃棄物問題、生物多様性保全、そして地球温暖化―。アジア・アフリカ地域をはじめとする途上国は今、急激な経済発展や社会変化にともなって、深刻な環境問題に直面しています。その背景には、保健衛生、インフラ整備、資源エネルギーの確保、環境と経済の両立、グローバル化などさまざまな要因が複雑に絡み合っており、問題の解決は容易ではありません。しかし、この困難を乗り越えてこそ、本当の意味での持続可能な発展が国および地球全体で実現されるのです。
問題解決に不可欠なのは、なんといっても、専門性と実行力を備えた環境専門家。とりわけ、「使える」環境技術や知識を修得し、それを現実に活用するために自ら具体的に行動する人材を育成することが急務です。
2008年、名古屋大学は、国際的視野に立って総合的に問題を把握・分析し、問題解決のための具体的な方法を提案できる環境人材を育成するために、「名古屋大学国際環境人材育成プログラム」(博士課程前期課程)を開設しました。日本を含むアジア・アフリカ地域などからの意欲ある学生が共に学び、環境リーダーとしての素養を身につける場を目指して、特色あるカリキュラム構築や学生支援など、さまざまな取り組みを展開しています。

このページの先頭へ戻る
Copyright © NUGELP All Rights Reserved.